2009_09
05
(Sat)19:19

人なんて信用できない

所詮人なんて
信用できない

笑いあっていた仲間も
今日の朝には無視

これで済むならまだ序の口机を見ると、教科書が破かれ、散々酷いことが書いてある。

話し合いがあっても
混ぜてくれない

大人に相談しても
邪険に扱われる。

どこにいけば
心は休まる?

どこにもない

ただただ、心には不安と恐怖が蓄積される。
いつ終わるのかを怯えながら・・・・・・

2006_04
15
(Sat)11:39

サヨナラ

さようなら、アタシの友達だった人

アナタは平気でアタシの秘密をばらし

アタシを地獄の底に突き落とした。

昨日までは優しかった友も

今日は白い目に変わり、アタシを可笑しな人として見る

アナタを信じたアタシが馬鹿でした

アナタのアドレスも

アナタがくれたプレゼントも

全部まとめて消しました。

アナタの存在自体見たくないし

友達だったと思いたくないです


2006_03
18
(Sat)16:15

空虚

好きになるって気持ちが理解できない

少女漫画で男の子の心を掴もうとしている女には引く

目の前にある幸せに囚われ、先にある現実から逃げてどうなるの?

好きな奴の醜い部分

押し付けられる大きな問題

考えるだけでうんざりだ。

光ばかりではなく闇の部分もある。

誰だって避けられない

それでも・・空虚な気持ちが湧き上がってくるのは何故だろう?


=============
今の心境を綴ってみました。
凄くダークですね・・







2006_02
19
(Sun)22:48

ごめんね

痛みなんて感じない。

アタシの中から痛みの信号は消え去ってしまった。

もう・・疲れた。

この世からアタシの存在自体を抹消したい。



周りはアタシを虐げ、嫌っていた。

友達だと思っていた子も、友達ではなかった。

これ以上生きていても意味なんか無い。



この体を地面に投げ出して空っぽになろう。

そうすれば、周りを楽にさせられる。

これからアタシに会う人も、嫌な思いをさせずに済む。



ごめんねお母さん。迷惑掛けてばかりで。

アタシがいなくなれば、お金で悩まずに済むよね。



今度生まれてくるときは、空気が良いな。

何も傷つけずに済むのだから・・

2006_02
18
(Sat)14:14

キライだ

あんな奴嫌いだ



何かにつけて自慢話



気に食わないと八つ当たり



あんな奴消えちゃえ



目の前からいなくなれ






何なら、アタシの手を赤く染めてでも



この世界から抹殺してやる。






=============--
久々にダーク詩を更新しましたが
滅茶苦茶暗いです・・