2014_04
17
(Thu)20:54

真逆なセカイ~私は伊澄くんを止める~

Category: 小説
星野さんの部屋に戻り私はベッドの中で眠ろうとしたが、目が冴えてしまい眠れなかった。
時計は深夜零時、高校生は寝ている時間である。
しかし私は体が高校生でも心は大人なのだ。
今は藍川鈴音(あいかわすずね)先生が巡回している時間だ。部屋に戻らない生徒に忠告を促したり、問題行動を起こす生徒を注意したりしている。
私も藍川先生に時折同行しているが、彼女はドジな部分があり、見ていてヒヤヒヤする。
今日は私が非番のため、藍川先生一人で寮を見て回っているはずだ。
(ちょっと心配だわ)
ベッドから出て、カーディガンを羽織り、私は星野さんの部屋を後にした。

一階に降り、静まり返った廊下を進む。
食堂は閉まり、コインランドリーには人がいない。
足音を立てないようにして私は歩き、廊下の隅や、階段を見て生徒がいないかどうか確認する。
しかし生徒の姿は無い。
問題がなくて私はほっとした。
一階の確認を終え、私は二階に上がる。
……その時だった。
「テメエ、オレを睨んだだろ」
「に……睨んでいません」
ドスの効いた声と、怯えた声が聞こえてきた。
「嘘つくなっ!」
駆けつけると、小柄な男子生徒が、青ざめた男子生徒の胸ぐらをつかんでいた。
小柄な男子生徒には見覚えがあった。
伊澄慧(いすみけい)くん、星野さんと同じ高等部一年の生徒だ。
性格は荒っぽく、事あるごとに生徒に喧嘩を売るため教師の間でも問題児となっている。
伊澄くんが腕を上げ、殴りかりそうに見えたので、私は右腕を伸ばし伊澄くんの時が止まるように念じた。
本来なら「止めなさい」と言っている所だが、今回は周りに人がいないので使用することにした。
伊澄くんが腕を上げた状態のまま動かないのを確認し、私は男子生徒の元に駆けつける。
「大丈夫?」
「はい……」
「話しはここから離れてからしましょう」
私は男子生徒を連れて、急ぎ足で一階へ向かった。
伊澄くんが動き出すのは、二時間経ってからにしたつもりだが、用心するに越したことはない。

私たちは建物の外に出た。
中は藍川先生が巡回しているだろうし、見つかったら厄介だからだ。
「明美先輩、助けて頂き有り難うございました」
男子生徒は礼儀正しくお辞儀をする。
彼が誰なのかを把握できた。
小野哲(おのさとる)くん、星野さんが付き合っている相手だ。
「小野くんはどうしてこんな時間に起きてるの?」
私は質問した。
「友達に飲み物を買ってこいって言われて、外出したんです。あ、ちゃんと家の両親や寮母さんには許可を貰っています」
小野くんはしっかりと答える。
小野くんの手には缶やペットボトルが入った袋が握られている。
「飲み物を買って帰ろうとした矢先に男子寮から伊澄先輩が出てきて、避けて歩いたんですが、伊澄先輩が後をついてきて怖くなって二階に逃げたら絡んで来たんです」
「そうだったの……」
彼が女子寮で泊まったというのは聞くが、男子寮というのは初めてだ。
伊澄くんを泊めそうなのはグロリア・エナム君だろう。
グロリア君は伊澄くんと元々同級生だったこともあり、交流がある。
伊澄くんはグロリアくんと同じ高等部三年だが出席日数が足りずに留年しているため一年生である。
「今度は僕が聞きたいんですけど、どうやって伊澄先輩の動きを止めたんですか?」
小野くんの話しに、私はすぐに答えを出せなかった。
この力は信じてもらうのは難しい。
それでも星野さんが悲しむ姿を見たくないので、やむ無く使ったのだ。
「人を守る力、といった所ね」
私は右手を上げる。
「詳しいことは話せないけど、伊澄くんはしばらく動かない、それだけは言えるわ」
「人を守る……ですか、素敵ですね」
小野くんは穏やかに微笑んだ。
「くれぐれも人には喋らないでね」
私ははっきりと言った。
この力は見せ物ではないからだ。
もし世間に知られたら大変なことになる。
「分かりました。今日のことは秘密にします」
小野くんは真剣に語った。
彼は誠実なので約束は守ってくれる。
信じてもいい。
「そこで何してるの?」
柔らかな声が耳に飛び込み、視線を向けると藍川先生がこちらを見ていた。
建物ではなく外を巡回していたのだ。
「藍川先生……」
藍川先生が私たちに近づいてくる。
「小野くんと星野さんね、こんな時間に外に出歩いちゃダメじゃない」
藍川先生は叱りつけてきた。
すると小野くんが前に出て、藍川先生に頭を下げた。
「ごめんなさい! 僕が明美先輩を連れ出したんです。宿題で分からない問題があって、終わったから気分転換がしたくなって外で話し込んじゃって、だから明美先輩は悪くないんです!」
小野くんは説明した。
「本当なの?」
藍川先生に訊ねられると、小野くんは「はい」と答える。
小野くんは、星野さんをかばうために嘘をついたのだ。
嘘は良くないが、星野さんを守りたいという思いが伝わってきた。
「今日は遅いから部屋に戻りなさい、夜間の外出は危ないわ」
「すみませんでした」
小野くんは再度謝った。
藍川先生は私達に背を向けて去っていった。
「小野くん……」
「良いんです。明美先輩のためにやったんです」
彼の言葉にドキッとした。
私が星野さんじゃないと知らずに、小野くんは私の手を掴んだ。
「部屋まで送ります。藍川先生だけでなく天ノ川先生に見つかったら厄介ですから」
「う……うん」
私は小野くんに手を引かれて歩き出した。
彼の言う天ノ川先生は天ノ川銀河(あまのがわぎんが)先生で、地学を教えている。
今日は銀河先生も巡回に加わっている日だった。
姿は見えないが、銀河先生は規律に厳しく、夜間の外出など見られたら小野くんに教鞭が飛んでくるに違いない。
銀河先生は男性に厳しく、女性には優しいからだ。
彼女に見つからない内に、部屋に戻った方がいい。

「送ってくれて有り難う」
星野さんの部屋の前に立ち私は小野くんに礼を言う。
幸いというべきか、銀河先生に遭遇することは無かった。
「僕は当たり前のことをしただけです……今日はこれで失礼します。学校でお会いしましょう」
小野くんは暖かな笑みを浮かべ、細長い廊下に消えていった。

部屋に入り、私はぼんやりと空を眺める。
星野さんが小野くんのことを好きになる理由が分かった。
彼は星野さんを大切に想っているからだ。彼の行動を見て伝わってきた。
握られた右手を見て私の頬は熱くなる。
「星野さん、素敵な彼と付き合ってるわね」
私は呟いた。

今度こそ私は眠りについた。小野くんが銀河先生に見つからないことを願いつつ……
2014_04
12
(Sat)10:50

真逆なセカイ~倉木さんと過ごす~

Category: 小説
寮の玄関にある鏡の前に私は立っていた。
 肩までの黒髪に、白いヘアバンド……外見は星野さんだが中身は別の人間なのだ。
長い間鏡を見ることはあまり無いが、あり得ない状況に陥っているため、自分の容姿を眺めたくなった。
(私にもこういう時期があったな……)
十代の頃が脳裏に甦り、懐かしくなった。
友達と他愛もないお喋りをして、喫茶店でパフェを食べて、宿題のことをぼやいたり。
今はもう過去のことだけど楽しかったことは鮮明に覚えてる。
「明美ちゃん」
名前を呼ばれ、私は振り向く。
長い黒髪の女の子が立っていた。
彼女の名前は倉木雪乃(くらきゆきの)さんで星野さんとは仲が良い。
「倉木さ……いや、雪乃ちゃん、どうしたの?」
苗字で呼びそうになり、私は慌てて言い直した。
ちなみに倉木さんの呼び方は星野さんから教えてもらったのだ。
「時間になっても現れないから探しに来たの」
倉木さんは言った。
言われて私は思い出した。今日は九時から倉木さんの部屋に行く約束をしていたのだ。
星野さんと話すことに集中してたためすっかり忘れていた。
私の全身が冷めるのが分かった。とんでもない失態を犯したからだ。
「ごめんなさい……忘れてたわ」
私は倉木さんに謝った。
私の行いが元で友情にヒビが入ったら困る。
「いいよ、今日の明美ちゃん何だか忙しそうだったし」
倉木さんの声色は落ち着いていた。
どうやら怒っていないようだ。
「今度約束の時間に遅れそうな時は連絡してね」
「本当にごめん、次は気を付けるから」
失態を許す倉木さんに、私は必死に詫びた。

「終わった……」
私は国語の教科書とノートを閉じ、ため息をついた。
「お疲れ様」
倉木さんはカップを私の前に静かに置く。
私は倉木さんの部屋で今日出された宿題を片付けていた。
倉木さんは一足先に宿題を片付け、明日の予習を済ませた。
流石は倉木さん、頭が良いだけはある。
私は問題の内容に苦戦しながらもどうにか終えた所だ。
一度は習ったはずだが、思い出すのに時間がかかってしまった。
私は倉木さんに礼を言い、お茶を口に含む。
「美味しいわ」
私は率直な感想を述べた。
倉木さんは私にちらりと目をやり、お茶を口に含んだ。
「いつも入れるお茶なんだけど」
「そんな事ないわ、雪乃ちゃんお茶入れるの上手ね」
私は倉木さんを誉める。
倉木さんのお茶を飲むのは今回が初めてだが、心の底から美味しいと感じた。
倉木さんの顔つきは真剣なものに変わった。
「元気になったならいいわ明美ちゃん、昼間から具合が悪そうだったから気になってたの」
倉木さんは私の顔を見つめる。
彼女の言葉を私は返せない。原因は今日の四時間目に行われた授業にあった。 科目は科学で、担任は禊ヶ丘異端(みそぎがおかことば)先生で、私にとって顔を会わせたくない人だ。
過去にあの人と因縁がある事と、小テストの問題の難易度が高く、授業が終わっても全身の震えと倦怠感は消えなかった。
食堂でお昼にしたが、食欲が沸かず、作ってくれた人に申し訳ないが、残してしまった。
今は解消されたが、あの感覚は二度と味わいたくない。
「禊ヶ丘先生の授業、大変だったね」
「そ……そうね」
倉木さんは私と苦しみを共有したいのかもしれないが、私の胃は不快感で一杯になった。
倉木さんもあの人の授業に「疲れた」と言っていた。
「雪乃ちゃんは平気? 随分疲れていたみたいだけど」
「心配いらないわ」
倉木さんは薄っすらと笑う。
「禊ヶ丘先生は私が学生の頃からあんな感じなの、難易度が高い授業を受けさせられて、早く終わらないかなって思うの、テストなんて一問解くのも時間がかかって、全問正解した人はいないの
おまけに生徒が怖がるような実験までして迷惑かけるから、あの人に対して良い印象を持つ人は殆どいないわ」
私は長々と禊ヶ丘先生のことを語る。
倉木さんは困った表情を見せた。
「明美ちゃん?」
倉木さんの声で、私は口に手を当てる。
いけない、私ったら星野さんの立場を忘れて自分の愚痴をこぼしていた。
「やだ……何言ってるんだろう、ごめんね、今のは忘れて!」
私は慌てて言うと共に、時計を見る。
二十二時三十分、そろそろ引き上げ時だ。
私は教科書とノートを鞄にしまい、立ち上がった。
「今日は色々と有り難う、お茶ごちそうさま」
「う……うん」
戸惑う倉木さんを背に私は早足で扉の側に来て、振り向いた。
「お休み、また明日会いましょう」
私は挨拶をして、倉木さんの部屋を出た。

(倉木さん、困ってたな)
歩きながら、私は内心思った。
あの人のことになると、悪い意味で抑えが効かなくなる。
(後で星野さんに言っておかないとな)
煮えきらない思いのまま、私は星野さんの部屋に戻ったのだった。
2014_04
08
(Tue)21:12

真逆なセカイ~月の下での報告。~

Category: 小説
※この話を読む前に「真逆なセカイ~前置き・登場人物紹介~」を読む事をお勧めします。



肌寒い空気が漂い、まだ春に程遠い時期だが、私は星野さんと共に寮から離れた場所にいた。
「寒い中ごめんなさいね」
私は星野さんと入れ替わった自分を見つめた。
星野さんは厚着をして、不安げな目線を向ける。
「仕方ないですよ、状況が状況ですから」
星野さんは言った。

私こと輝宮まりあ(かがみやまりあ)が星野明美(ほしのあけみ)さんと心が入れ替わる原因になったのは昨日の放課後に遡る。
知恵千知(ちえちはる) 先生が発明品を作り、たまたま私しかいないということもあり、付き合うはめになった。
 発明が上手く起動するのかを見るために、私の身体中には機械の線を付けられ、知恵先生が電源を押した後に私の体には何とも言えない感覚が押し寄せ、意識を失い、気がついた時には既に何故だか星野さんの体と入れ替わっていたのだ。
知恵先生いわく、失敗だったと私と星野さんに詫び、更に運が悪いことに発明品が故障してしまい、修理に二日は掛かると言われてしまったのだ。

そのため、私は星野さんとして
星野さんは私として生活するはめになったのだ。

知恵先生から周りからばれないようにと釘を刺された。
もしばれたら騒ぎになるからだという。

明日には発明品が直るはずなのでそれまでの辛抱だ。

私が星野さんを人気のない場所に呼んだのは、他でもない、私たちの会話を聞かれないためだ。
月明かりが星野さんとなった私の体を映し出す。
「今日は大丈夫だった?」
私は訊ねる。
気になったのは私の代わりを星野さんが果たせたかだ。
……今日は確か初等部三年と高等部二年の授業があったはず。
星野さんは手をもじもじしながら答えた。
「初等部は上手くできたつもりですが……高等部二年の授業は知恵先生に任せました」
彼女の判断に、私はほっとした。星野さんは高等部一年なので二年の授業を教えるのは無理がある。
よって知恵先生に任せたのは正解だ。
知恵先生は情報だけでなく数学も教えている。
私たちの状況を理解している上に、数学を担当しているので心強い。
「それで良いわ、明日もできるなら他の先生に代わってもらった方が得策ね」
私は言った。
明日は確か高等部三年の授業が六時間目にある。それまでに元に戻れればいいが、念のためだ。
「ただ……授業とは関係ないんですがちょっと引っ掛かることがあったんです」
星野さんは意味深な言い方をした。
「阿部さんのことです」
阿部……高等部二年の阿部茄奈(あべかな)さんのことだ。
彼女がどうかしたのだろうか?
「阿部さん、すれ違う度に私に難しい表情を見せるんです。
最初は気のせいかと思ったんですけど、三回くらい同じことがあって……」
星野さんの声色は暗い。
最近の阿部さんは様子が可笑しいのは気づいていたが、生徒である星野さんまで勘づくなんて相当なものだ。
「星野さんは悪くないわ、先生の問題だわ」
私は励ますように言った。
星野さんは口を閉ざし、落ち着きなく視線を動かした。
「あの……これは聞いた話なんですけど」
星野さんは頬を赤らめた。
「阿部さん、好きな人がいるらしいんです」
「好きな人?」
「最近、阿部さん綺麗になったって噂になっていたんです。恋してるんじゃないかって」
阿部さんの恋愛。
彼女くらいの年頃の女子ならあっても可笑しくない話だ。
私に難しい顔を向けるのと関係あるのかもしれない。
「相手は誰か知ってるかしら?」
私は突っ込んだ質問を投げ掛ける。
「仕入れた情報だと王先生じゃないかって」
王先生……私は彼の名前に心当たりがある。
王正義(おうまさよし)先生は不真面目な人というのが私が抱いている印象だ。
何となくだが、阿部さんが私に難しい顔を向ける理由が分かってきた。
私が王先生とよく絡むことが阿部さんにとっては面白くないのだ。
あくまで、これは想像の段階だが……
「教えてくれて有り難う、阿部さんの件は先生が責任持つわ」
私は力強く言った。
星野さんは「お願いします」と頭を下げる。
本来なら体が逆なのに、何だか複雑な気分だ。

私は星野さんに幾つか注意点を話し、私たちは別々の寮へと戻った。
2014_04
08
(Tue)21:11

真逆なセカイ~前置き・登場人物紹介~

Category: 小説
この話は本館の「先生が進む道」の番外編に当たります
当ブログで掲載するのは登場人物の設定が本館と若干違うためです。

登場人物
輝宮まりあ(かがみやまりあ)
数学教師で、生徒思いで真面目な性格をしている。
生まれつき時間操作を持っている。

星野明美(ほしのあけみ)
まりあに似て真面目な性格の持ち主
哲という恋人がいる。

黒崎優(くろさきゆう)
明美の弟
人をからかったりするのが好き

倉木雪乃(くらきゆきの)
明美の友達で、他人を思って行動する。

伊澄慧(いすみけい)
明美の同級生で、柄が悪く事あるごとに誰かに喧嘩を吹っ掛ける。

小野哲(おのさとる)
明美の交際相手で
明美のことを大切に思っている。

藍川 鈴音(あいかわすずね)
教師で寮内を巡回している。

阿部茄奈(あべかな)
高等部二年の生徒で
ある事情から、まりあに難しい顔を向けている。

※登場人物は随時更新する予定です。

目次
月の下での報告。

倉木さんと過ごす

私は伊澄くんを止める

真逆なセカイ~元に戻って……~

私に向けられる複雑な目線(再載)

後日談 明美編・その1

後日談 明美編・その2
2012_07
07
(Sat)21:15

風紀委員と七夕の日

Category: 小説
七夕の夜
空は生憎の曇り空だが、三人の男女は庭で七夕の準備をしていた。
「何で君がここにいるの?」
優は隣にいる哲に軽蔑の目線を送る。
「良いじゃないですか」
哲は毅然とした態度で返した。
哲は明美が招待したのである。
「ちょっとやめてよ、哲くんに失礼でしょ」
明美は優に注意した。
優と哲は相性が悪く、会っただけでも険悪な空気になる。
「僕はてっきり高橋さんか翔太くんが来るのかと思ったよ」
「二人は予定が合わなかったの!」
明美は厳しく言った。
幼馴染みの翔太は部活で疲れており、まどかは就活で来られないという
「お姉ちゃん、お兄ちゃん、小野さん、ご飯できたよ」
良く知る声が庭に響き、三人の男女は振り向いた。
エプロン姿をした緑だった。
「おっ、できたか」
優は振り向いた。
「今日のご飯は何?」
優の問いかけに、緑は笑顔で答える。
「お母さんと一緒に作った七夕版のちらし寿司とケーキ!」
緑の答えに、優の表情は明るくなった。
「楽しみだな、緑の料理美味しいしね」
優は部屋の中へと戻って行った。
「まだやる事があるから先に行ってて」
「早く来てね、ご飯冷めちゃうから」
「分かったよ」
緑は優に続く形で部屋に行った。


庭に二人きりになり、明美は哲に申し訳なさそうな表情を見せた。
「ごめんね、哲くん、嫌な思いをさせたわね」
明美は優の代わりに謝った。
「優には後でちゃんと言っておくから」
「気にしてませんよ」
哲は穏やかに言った。
「黒崎先輩のことは知ってますから、慣れっこです……それに」
「?」
哲が急に黙ったと思えば
哲は明美に両手を回した。突然のことで明美は困惑した。
「ちょ、哲くん!?」
哲の体温が明美の体に伝わってくる。
明美の頬は紅潮した。
「こうして二人きりになれましたしね」
「もう……」
恥ずかしい気持ちになったが、明美は哲の体に手を回した。
誰かが来てもお構い無しである。
「大胆になったね、哲くん」
「明美先輩のお陰です」

こうして七夕は過ぎていった。


本日は七夕ということで
七夕の短編を書きました。

コメ返し>
鷲尾飛鳥さん
こんばんわ、詩の方読んで頂き感謝します。
鷲尾飛鳥さんの詩の方を拝見しましたが、どれも文体が綺麗で良かったです。
中でも「小さなふれあい」が心に残りました。
コメント有難うございます。

タグ:七夕