2005_12
31
(Sat)18:57

遂にクリアです

Category: 日記
祝・キングダムハーツ2クリア
ラスボスが異常に長くて、凄く大変でした
しかしEDはラスボスを倒した疲労感を覆し
ハッピーエンドでした
「この結末を見るために、ここまで来ました」
という感じで、プレイして達成感が沸きました
ダムハを通じて、「あきらめない事」と「友達の大切さ」を教わりました。
 しかし、これだけは言わせて下さい
何故、ラスボスにドナルドとグーフィが出てないのですか?
前作では彼等は出ていて「ディズニーキャラと共にラスボス倒せる!」
と意気込みました

しかし、今回はソラとリクだけでした

ここだけは何とかして欲しかったです
ドナルドとグーフィと一緒に戦いたかった
 二人が無理でも王様と・・・(←しつこい

それでも二人がカイリと再会できたのは嬉しかったです


いよいよ今日で2005年最後です
皆様良いお年を・・・

拍手を下さった方々有難うございました
嬉しいです!
2005_12
29
(Thu)21:45

眠い

Category: 日記
○一つの鍵から
行く末の分からない、長い長い旅が始まった
たった一つの鍵を手に、僕は旅に出た

こんばんわ、ネリムです
本日は会社最後の日でした
大掃除&打ち上げ会でした
打ち上げ会に出たメニューの中に生きた蟹
が出てきました

無論、蒸します
そのために下準備をしなければなりませんでした
しかし、これが苦痛でした。
生きているし、それを今から蒸して食べるのは嫌でした
結局蟹には殆ど手をつけられませんでした
おいしそうに食べている先輩達が羨ましいです

話は変わりまして
キングダムハーツ2の詳しい感想を書きます

まずこれだけは言わせて下さい
ロクサス編の前置きが無駄に長いです
しかも話が複雑で、ついていけません
特にナミネとロクサスの会話は「????」でした
彼の正体は?ソラとはどういう関係だったのか?
彼は何処にいったのか?
この辺りを解明しないのは不親切なのでは・・・?

この後から、ようやく面白くなります
しかし何故ソラ・ドナルド・グーフィが眠っていたのか
良く分かりません
 
全クリしてないので、まだはっきりとしたことは
言えませんが
 ロクサスの行方は教えて欲しいですね
まさかあのまま出ない・・なんてことはないですよね?

ちなみに今はハロウィンタウンで止まっています
ドラキュラソラが格好いいです
2005_12
29
(Thu)00:13

こんばんわ

Category: 日記
○本日本館をシェイプアップさせて頂きました
ごちゃごちゃしている感じが前々から
気になっていましたので
思い切って大幅に削除しました

なお、旧日記はこちらのリンクから飛べますので
見たい方は好きなだけご覧下さい

お題の配布は停止しましたが
詩の方は残しておきます

ブログでは日記をメインにしていきます
すみません、二つ同時進行に詩を書くのはしんどいです
たまーに詩を書いていこうと思います


○本日はキングダムハーツⅡで遊んでいました
これがまた面白く、もう何日もぶっ続けにやっています
前作より遥かに難しい戦闘に、ハラハラさせられる物語
ディズニーのキャラの可愛さなど
どれにとっても最高です
100万本行くのも分かります
ソラがカイリとリクに再会できる日が来ますように・・

残すところ
今年も後わずかですね
気合を入れていきましょう!
 
2005_12
23
(Fri)21:10

聖夜

Category: ぽえむ
年に一度のクリスマスがやって来るよ
空から白い雪が舞い降りて
サンタクロースのプレゼントを心待ちにし
きよしこの夜を口ずさむ声が響くよ

メリークリスマス
この素敵な日にありがとう
アンドハッピーニューイヤー
来年への扉はもうすぐ開く

来年もまたこの素晴らしい日に会える事を願うよ


====
もうすぐクリスマスということで
それをイメージして書きました
感想を下さった方々有難うございました


 








2005_12
22
(Thu)23:09

この世界

可笑しいよね
毎日のように人が死ぬなんて

毎日毎日
ニュースで頻繁に犠牲者が出るなんて
普通じゃないよ

命は一度失ったら二度と戻せない
なのに何故、簡単に人は人の命を潰せるんだろう?

この世界はどうしちゃったんだろう
豊かなはずなのに可笑しいよ
何処で道を外したんだろうね


====
最近思ったことを率直に書きました
感想を下さった方有難うございました




2005_12
20
(Tue)22:33

白い輝き

Category: 情景詩
白い精霊たちがまた空から舞い降り
地面を白い世界に染めて行く
美しく輝く白銀の大地
何もかも忘れさせてくれそうな白さ
冷たさの裏腹に、夢を運んでくる
空からの贈り物

すぐに溶けて消え去ってしまうけど
特有の冷たさは忘れない


2005_12
19
(Mon)22:10

耳をふさぐ

Category: 未分類
また始まった両親のケンカ
罵詈雑言が永遠と思えるほどに続けられる
その時私は必ず耳をふさいで
早く終われと心の中で叫ぶんだ
耳をふさげば何も聞こえない
唯一安らぎを感じるんだ
「大丈夫、今は嵐が吹き荒れているだけで
絶対におさまるんだ」
そう自分に言い聞かせて
数時間後に、ようやくケンカが収まり
安らぎの時間が戻った

ーいつか耳を塞がずに安らげる日が来る事を願う・・・
2005_12
18
(Sun)21:59

無知

Category: 未分類
知らないほうが傷つかないで済む

だって安心できるんだもの

真実を知れば、自分の答えが否定されるかもしれないから

怖いんだよ、答えを知って

二度と立ち直れなくなるんじゃないかって

だからまだ真実の扉を開かない

無知だと思われても良い

-・・知る勇気が出たら、無知から抜け出そう
2005_12
18
(Sun)21:28

血を流す指先

Category: 未分類
血を流す指先で

私はあなたにラブレターを書いた

「アイシテル」

これで何度目かしら

何百回も書いたわ

私が愛を込めて書いた血のラブレターを

あなたはちっとも見てくれない・・

けど、私はあなたを見ているわ

私の愛が届くその日までずっと書く


=====

ダーク詩です
これは一方的に人を好きになっている人間をイメージしてみました
暗くてごめんなさい




2005_12
18
(Sun)18:49

もうどうしたらいいのか

Category: 未分類
君がいない
どこを探しても姿が見えない
携帯電話を掛けてもつながらない
君は体が弱く
いつ発作が起きてもおかしくないのに
君だと思って声を掛けても、空似の人だったり
何処を探しても人・・人・・人・・
もうどうしたらいいのか
僕はあせった
君から離れてこんなに不安になったことは無かった
待ってて、君は必ず僕が探すから
2005_12
18
(Sun)18:33

何から逃げるのか

Category: 未分類
背後から敵
先には未知
それでも前に進んで逃げるんだ
あての無い逃走
危険な道、魔物だらけの洞窟、毒の生えた草ばかりが生える草原
逃げるにしても色々と大変だ
何から逃げるのか?
それは、僕が守るべき人を狙う敵からだ
僕に力が無くても
守りたい人を思う力はあるんだ
だからどんな困難でも、乗り越えられるんだ


=====
某RPGをイメージして作った詩です。
コメントを下さった皆様有難うございました
非常に嬉しいです


2005_12
15
(Thu)22:09

置いてけぼり

Category: 未分類

「お前はノロマだから置いていく」

男の子から言われた、胸にグサリと来る一言だった
その言葉どおり、私は置いてけぼりを食らった

私の足が遅いから、だから置いてかれていても当然かもしれない

「置いていかないで」

それでも私は歩いた
置いていかれるのは嫌だったから

必死に歩いても歩いても
追いつかなかった

怖かった、ひとりぽっちになるのが
恐ろしかった、置いてけぼりになるのが



2005_12
13
(Tue)22:08

ティルズ新作

Category: 日記
ナムコチャンネルにて、新しいティルズが発表されました
その名もティルズオブザテンペスト
ニンテンドーDSで出るそうですが
レジェンディアが発売される前にジアビスを発表するといい
ここ最近、公開が早すぎませんか?
幾らなんでも、これだけ出されてキツイですよ・・・
新しいハードでの挑戦は認めますが
社会人などお金のある人はともかく、学生などは厳しいと思います

色々書きましたが、ティルズは好きです
なので今後の情報が非常に楽しみです

2005_12
12
(Mon)22:49

連鎖を断ち切って

憎しみは何も生みはしない

負の感情に支配され、力任せにして解決しようとしたり

ひどい言葉を投げかけるのは、弱い人間の証なんだ

そんな下らないことは止めて

苦しんでいる自分を受け止めて欲しい

自分がやった愚かしい行為は

いつか必ず自分を苦しめることになる

たとえ過ちを忘れたとしても

傷は自分を蝕み

間違った方向に導いてしまうから・・・

2005_12
11
(Sun)09:40

許せない

こんな自分が許せない

誰かに迷惑をかけて

人を傷つけて

ごめんね、私なんかのために

貴重な時間を使わせて
2005_12
10
(Sat)21:19

この世界に生まれてきて

意味の無い存在など、決して無い

皆が皆一人一人、意味があって生まれて来たんだ

もしも命を絶ちたいと思うなら

もう一度考えて欲しい

あなたの事を見てきた人たちのことを

あなたの事を思う人たちのことを


命は決して買えるものではない

軽々しく断ったり、削っていいものではない


生きたくても生きられない人もいれば

生まれながら、命の制限を持った人もいる


-・・その人たちのことを考えて下さい



===

何だかクサい詩ですが、最近嫌な事件が続いたので
このような詩を書いてみました
レスを下さった皆様、有難うございました!!



2005_12
10
(Sat)14:12

目線

息が詰まる

休み時間・・勉強している時間

人と話している時も・・食事をしている時でさえも

今いる場所に安らぎを感じなかった

何故なら、周りがずっと私を見ていたからだ

冷たい目で見られている悲しさ

人に見られるのが嫌

陰口を叩かれているのが怖い

いつか崩れそうな足元の中を歩かされていた
2005_12
10
(Sat)13:55

初めに

Category: 未分類
「想いに言葉に乗せて」に来て下さった皆様
誠に有難うございます
私は、ネリムと申します

ここの運営方針は次のようになっています

・リンクフリーです
はがすも貼るのもご自由にどうぞ
ただし、アダルトサイト・宗教サイト・犯罪サイトなどは
ご遠慮下さい

・荒らし・中傷はお断り
基本的に、悪口は嫌なので
どこか違う所でやって下さい

・無断転載は禁止


できる限りコメントは返しますが
マナーや節度の守れていない書き込みは
予告なしに削除します。ご了承下さい





2005_12
09
(Fri)23:46

5.サクラ

Category: 未分類
寒い冬を越え

草木が生え始める頃

桃色の花びらが舞い開くとき

新しい時の訪れがやって来る


さあ、花開こう

不安と寂しさを持つ人に、希望を与えるために


=====

暗い詩ばかり続いていたので
明るくしてみました。
感想を下さった方、有難うございました!
2005_12
09
(Fri)23:08

貴方はもういない

大好きだったあなたはもういない

顔を見る事や、声を聞くこともできない

いつでも蘇るのは、あなたと出会った時から

過ごした楽しい思い出ばかり

時に喧嘩をして、口も聞かない日々もあったけど

あなたのコトを完全に嫌いにはなれなかった

だって、あなたがこの世界で一番好きだったから


ずっと続いて欲しかった

甘く幸せな時間が


でも


あなたはいなくなってしまった

突然の事故によって


あなたの名前を呼んでも

あなたは私の名前を呼んでくれない

もう、あなたのぬくもりにも触れられない


悲しくて、悲しくて仕方なかった

あなたを奪った事故が憎かった


-私もあなたの元に行って良いですか?



2005_12
08
(Thu)22:54

痛み

私は純粋無垢な子供だった頃に
残酷な仕打ちを受けた

叩かれ、蹴られ、石を投げられ
挙句の果てには、突き落とされた

私はどうしても良いかも分からず
ただ毎日のように繰り返される苦しみに耐えた

その度に体に傷は増え
理不尽な苦痛に涙を流した
「助けて」と声を上げることも許されずに・・・

神様、どうしてあなたは私にこのような仕打ちをするのですか?
私はあなたに何かしましたか?

どうして?私には何も分からない
私は何もしていないのだから

蟻一匹すら殺した事も無いのに

やっと仕打ちが無くなった頃には
私は人を信じられなくなっていた
近寄って来る者が皆敵に見えた


この痛みを決して忘れない

人から受けた苦痛も、悲しみも
2005_12
07
(Wed)22:57

癒せないココロ

乾いた心を潤すにはどうしたらいい?

カラカラで今にも崩れそうだよ

誰か、私に癒しを下さい




間違えて消してしまってごめんなさい
感想を下さった方有難うございました
非常に嬉しかったです
2005_12
07
(Wed)22:34

何もできない

何て無力なんだろう

  いざという時には

  全く役に立てない

  悔しくて涙が出た

  何度も自分を責めた

  手から血が出るほどにまで、壁を叩きつけた

  そうでもしないと、怒りを抑えられない

  どうすれば、何かできるようになるんだ? 

  こんなに無力な自分は嫌だから強くなりたいんだ

  
  誰よりも、何よりも

  強くありたいよ




2005_12
07
(Wed)21:34

罪悪感

僕は生き残ってしまった



皆がいなくなったのを引き換えに



何故なのだろう?



胸には、こみ上げてくる痛みと



今にも泣き出しそうな自分がいる



本当は、僕も皆と一緒にいなくなるはずだったのに・・・



どうして生き残ったのだろう?



言いようのない悲しみを



僕から皆を奪った奴にぶつけてやりたい



許されることなら、仇を討ちたい



僕の心に残されたのは空しさだけだ

2005_12
06
(Tue)21:30

テストです

Category: 未分類
今日からはじまりました、初ブログです
緊張していますが、どうぞよろしくお願いします