2008_08
31
(Sun)23:36

好きな人バトン

Category: バトン
咲城さんのサイトから貰ってきました。
いつも有難うございます。


好きな人バトン

●ルール●
・バトンを回す時は自分が好きだと答えた人に必ず回すべし。
・バトンを回してきた人も好きな人の10人内に入れるべし。
・年齢を知っていても知らなくても必ず言うべし。
・素直に答えよ。


★あなたの好きな人の名前を10人述べよ。
咲城さん
黒澤さん
妖さん
雷さん
流星さん

スルー可能です。

★最初に出会った時の気持ちを述べよ。
咲城さん……サーチエンジンで出会いました。文章に温かみがありますね。

黒澤さん……某巨大投稿サイトで出会いました。とても可愛らしい絵を描いていますね。

妖さん……キリ番取ったことがきっかけです。ダークな世界観が素敵です。

雷さん……某投稿サイトですね、キャラ達の動きが生き生きしています。

流星さん……とあるサイト様のリンク集で出会いましたね、感受性豊かなポエムは心揺さぶられます。

★年齢を予測せよ。
咲城さん……恐らく20代前半かと……
黒澤さん……日記からして18歳かと。
妖さん……16歳じゃないかと
雷さん……推測からして20代前半だと思います。
流星さん……17歳くらいですかね?


★その人からイメージするものを3つ述べよ。
咲城さん……小説、ドラえもん、空
黒澤さん……萌え、セーラー服、イラスト
妖さん……黒(サイトのイメージです)、小説、シリアス
雷さん……FF、騎士、青(サイトのイメージです)
流星さん……FF、詩、日記


★その人に伝えたい事をイメージせよ。
咲城さん……バトン有難うございます。とても嬉しいです。今後もちょくちょくお邪魔させていただきます。

黒澤さん……更新滞っていて心配です。

妖さん……いつも感想有難うございます。励みになっています。  
       
雷さん……小説の更新を気長にお待ちしております。中々感想を書けずにすみません。

流星さん……陰ながら応援しています。


拾っていきたい方はどうぞ拾っていってください。
2008_08
30
(Sat)22:28

天候がこの所コロコロと変わる

Category: 日記
「巡り会う二つの黒」を更新しました。
今回は妖さん宅の日記を参考に書きました。
戦闘シーンが難しかったのですが、構想している間は楽しかったです。

金曜日は雨のお陰で、電車が止まり出勤できずに困りました。
この所、天候がおかしいですね。
まるで地球が怒っているみたいです。
地球温暖化の影響を痛感します。
2008_08
28
(Thu)23:45

空はいつ晴れる?

Category: 日記
青空が恋しい

雨が続いて、憂鬱な気分です。
晴れていた方がすっきりしますね。

ただ今、「巡り会う二つの黒」の外伝を執筆中です。
本編よりも戦闘の描写が難しいですね。
公開するのはもう少し先です。

この所、カオスなゲーム動画を見る事にはまっています。

キーボードクラッシャーが最凶のクソゲー「Big Rigs」をプレイしました
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1545050
これは本当に笑えます。見ていてお腹が痛くなりました。

大冒険セントエルモスの奇跡 プレイ画面
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1837009
色々と突っ込み所が多いです。

ゲームの世界がいかに広いか痛感しますね。
2008_08
24
(Sun)18:06

心理テストバトン

Category: バトン
妖さんからバトンを頂きました。

【心理テストバトン】

最初に回す人を5人
流星さん、咲城さん、雷さん、黒澤さん
無論スルー可能です。


※次の接続詞に続けて文章を完成させてください。みな独立した文章です。

(1)【しかし】、全ては遅かった。

(2)【やがて】一人一人去っていった。所詮こいつ等は仲間などではなかったのだ。

(3)【ただ】私は泣いていた。失った悲しみを抱いて……

(4)【だって】変えたくても変えられないんですもの

(5)【そして】私は去ろう、貴方の前には二度と現れない

※次の言葉のあとに言葉を埋めて下さい。

(6)【水たまりは】青い空を映し出す。それは待ちに待った晴れだった。

(7)【あの子って】綺麗だから羨ましい。

(8)【今日の私は】ちょっと疲れ気味。

(9)【すこしは】成長したでしょ、背も伸びたし。

(10)【涙は】嬉しくて流すの

以上です★

【心理テスト・結果】

(1)『しかし』とはこれまでのことを振り返るときに必ず使います。つまり、あなたの人生です。
└『全ては遅かった』これから未来は変えます。過去は無いですから。

(2)『やがて』は近い未来をよそう、あるいは予測するときに使います。
└『一人一人去っていった。所詮こいつ等は仲間などではなかったのだ』ええ!?

(3)『ただ』これは後に『…だけ』などが続き、非常に少数なものを語るときに使う接続詞なので『一人の時のあなた』の状態がここで浮き彫りにされるでしょう。
└『私は泣いていた。失った悲しみを抱いて……』当たってるっぽいです。

(4)『だって』はもちろん言い訳するときに常套句(じょうとうく)です。あなたが言い訳するとき、あなたが知らずのうちに欠点を語っているのです。人のせいにしてしまおうと言い訳しているはずなのに、実は『あなたの嫌なところ』をさらけだしてしまっているのです。
└『変えたくても変えられないんですもの』子供っぽいですね。

(5)『そして』は現状を受けて、その延長線上『あなたの老後』がここに映し出されてます
└『私は去ろう、貴方の前には二度と現れない』 何これ……

(6)『水たまり』というのは真実を映す鏡の象徴でもあります。水たまりをどう捕らえるかによってわかるのは『あなたの本当の姿』です。
└『青い空を映し出す。それは待ちに待った晴れだった』そうですか

(7)『あの子』これは他人を指す言葉ですね。他人に対する言葉は裏返してみれば他人の目に映る自分を意識する言葉でもあるのです。自分をつくろったり、よく思われたいと願う部分、これは『好きな人の前にいるあなたの態度』です。
└『綺麗だから羨ましい』私は容姿にコンプレックスを抱いていますからね。当たっています。

(8)『今日の私』、『今日』とあえて限定すると、とてもあらたまった気持ちになります。でもそこには無理にとりつくろった偽りの心が含まれていることも現実でしょう。ここでは『ウソをついている時のあなた』が表れてしまいます。
└『ちょっと疲れ気味』毎日疲れますよ。それでも日々頑張ります。

(9)『すこしは』…出来なくてもいいからわずかでも良いから努力しなくてはと、自分を叱咤激励(しったげきれい)するような気持ちをこめたこの言葉から導かれるのは、あなたのやる気、つまり『今年の目標』なのです。
└『成長したでしょ、背も伸びたし』日々成長したいという思いもありますので、当たっています。

(10)『涙』は喜び、悲しみ、感動とさまざまに揺れ動くあなたの心の代弁者です。
└『嬉しくて流すの』悲しくて流すよりも、嬉しくて流したいですね。
2008_08
23
(Sat)22:05

詩(言葉)を作ろう!

Category: バトン
詩(言葉)を作ろう!

今から出すお題に続けて
詩(言葉)を完成させてください!

★初めから「やり直したい」

★実はね…「大切な話があるの」

★君さ、「そのメイク似合っているね」

★もしかして「髪型変えた?」

★気づいてたよ、「貴方が彼女を好きだって」

★最近、「調子はどうだ?」

★絶対「あいつ付き合っているね」

★なあ、「オレ達別れようぜ、このまま付き合うのも辛いんだ」

★もう、「いい加減終わりにしよう」

お疲れさまでした!


バトンお持ち帰り:
http://www.blogri.jp/baton/?id=54729
ブログリバトン置き場:
http://www.blogri.jp/baton/

持って帰りたい方はどうぞ持って帰って下さい
転がしておきます。
2008_08
21
(Thu)23:29

9 偽りの接吻

Category: 小話
 少女は廊下を駆け抜けていた。ウェーブかかった金髪が揺れ、赤いスカートが彼女の活発な性格を現している。
手には小包を握り締めていた。
少女は玄関を出ようとしていた黒髪の少年に声をかける。
「ハンス!」
少女の元気な声に、ハンスは紫色の双眸を向ける。
切り揃えた黒髪、服も黒づくめという井出立ちだ。
「アメリか、どうしたんだい、そんなに慌てて」
ハンスは涼しげな表情をしていた。
アメリはハンスに持っていた小包を素早く渡す。
「今日のお昼ご飯よ、夕方までかかるって聞いたから作ったの」
アメリは恥ずかしそうに言った。ハンスはこれから夕方まで任務で、帰って来るのは夜になる。
現地で食事をするのだが、任務の内容によっては食事抜きで遂行しなければならない。
アメリはハンスの体を気遣って、お弁当を作ったのだ。
「ちゃんと食べてね」
「君の気持ちは嬉しいよ、いつも助かるね」
ハンスは穏やかに言った。
ハンスは料理が壊滅的に下手なため、度々アメリに作ってもらっている。
ちなみにアメリはハンスの仲間である。
「アメリ」
ハンスは短く少女の名を呼び、軽く頬にキスをする。
大胆なハンスの行いに、アメリの頬は真っ赤になった。
「いつものお礼だよ、本当のキスは帰ってからね」
ハンスはアメリに手を振り、玄関から出て行った。
アメリは頬に手を当て、口元を緩める。
「もう……ハンスったら……」
アメリの胸の鼓動は興奮で高鳴り、足元がふらつく。
ハンスからのキスは何物にも変えがたい程に幸せだった。ハンスに好意を寄せていたので尚更である。
「帰るの楽しみにしているからね」
アメリは玄関を眺めた。彼女の心はハンスの帰る時間が一秒でも早く来ることを願っていた。


==============
久々に短編物を書きました。
ラブシーンはいつ書いても恥ずかしい気分になります。
2008_08
20
(Wed)23:51

主人公の隣には仲間がいる

Category: 日記
「巡り会う二つの黒」本編更新しました。
今回はエレンが主人公です。
ネタが詰まってしまい、違うキャラにした所ようやく執筆が進みました。

隠されていた事実が明らかになり、微妙に変化する仲間の絆……
というのを本編のテーマーに支障が出ない程度に描いていきたいです。
2008_08
17
(Sun)23:36

不思議な夢を見た後は清々しい

Category: 日記
今日はおかしな夢を見て目を覚ましました。

エレンとスピカが地下道を走り、一緒に逃げていました。
途中で部屋に入り、一緒にベットの下に隠れます。
ですが、敵風の女性に見つかってしまい
「もっと上手に隠れないと駄目よ」
と言われます。二人は捕らわれの身になります。

その後、エレンが女性に対し大声で騒ぎ、エレンは銃で撃たれ
次にスピカが撃たれました。

変な夢です。
エレンの騒ぐ声が、なぜか某妹の声でした。
どう考えてもあるゲームの影響を受けているとしか思えません。
何のゲームかは、ご想像にお任せします。

明日から出勤です。
休み明けはどうも憂鬱ですね。
2008_08
16
(Sat)22:47

創作親馬鹿診断バトン

Category: バトン
咲城さんのサイトから拾ってきました。


【創作親馬鹿診断バトン】

創作、オリキャラを愛してやまない人の為のバトン。
当てはまる項目には○、当てはまらない項目には×を付けて下さい。
○が多い程、貴方は素敵な親馬鹿です。
○×だけで詳しく解答していただけると嬉しいです。ではスタート!


1、オリキャラで妄想なんて日常茶飯事だ。
×

考える時と無い時波がありますね

2、むしろパロと化してる。
×

やったら物語が破綻します。

3、オリキャラの声優を考えたことがある。


ありますが、読者様のイメージを崩したくないので言いません。
ご想像にお任せします。


4、歌を聴いてオリキャラのテーマソング、または創作世界のオープニング・エンディングになりそうだと思ったことがある。


イメージに合う曲だったらあり得ますね。


5、自分のオリキャラを広げたくて仕方ない。


時間が許す限りは広げていきたいです。

6、オリキャラのゲームを考えたことがある。


RPGですね

7、人のオリキャラも大好きだ。


愛が篭っていますので好きですよ。


8、創作関連の同盟・ランキングに入っている。


入っています。


9、オリキャラは自分の息子・娘も同然だ。

○ 

そうですね、命を削って作り上げたので
家族と同然です。


10、自分のオリキャラで二次創作してもらいたいと思ったことがある。


大歓迎です。


お疲れさまでした。
回す素敵な親馬鹿様を好きなだけお願いします。

持って行きたい方はどうぞ持っていって下さい。
2008_08
13
(Wed)23:31

暑い日の休み

Category: 日記
「巡り会う二つの黒」更新しました。
今回は小さかった頃のハンス視点です。
彼はアークに会ったのがきっかけで、性格が変わります。

昨日は頭が痛くて、食事すらままならなかったです。
時々この症状が起きるのですが、流石に辛いです。
頭痛に悩まされたくないですね。
2008_08
09
(Sat)22:29

プレイしたいけれど、今は我慢

Category: 日記
ヴェスペリアやりたいですが箱を持っていませんので様子見です。
噂では面白いようですね。やってみたいです。

アビスのプレイ画面を久々に見たのですが
ルークとアッシュの一騎打ちが印象的でした。
リグレットがどう聞いても鷹野さんにしか聞こえません(←待てこら)
いよいよラスボスです。

画面を見て思いましたが、ルークの心理描写が深いなと感じました。
時間を作ってプレイしたいですね。

「花火が照らす恋の行方」を更新しました。
これは「ものかき同盟」の参加作品です。
推理して下さった方有難うございます。今回の作品を通してもう少し捻りが必要だと痛感しました。
恥ずかしいですが、この作品が初挑戦の現代恋愛物です。
初めてですので、荒削りな部分があることをお許しください。
2008_08
09
(Sat)20:11

ホームページバトン

Category: バトン
某サイトから拾ってきました。

【ホームページバトン】 
■サイト名を教えて下さい
風のことだまです

■サイト名の由来がありましたら…
風に乗せて言霊を運びますようにという願いを込めたかったからです。

■なんでサイトを作ろうと思ったんですか?
自分の作品を見てもらいたいかったからです。

■運営してる時に楽しい・嬉しい事は何ですか?
読者様から感想が来ることですね。
あと改装も面白いです。

■では一番辛いことは何ですか?
スランプで書けないことです。

■サイトのメインは何ですか?
小説です。

■力を入れてるコンテンツは?
上記と同じです。

■ホームページ/作品のこだわりは?
面白いと思える作品を書くことです。

■BLって書きますか?
書きません。

■夢小説は読みますか?
あまり読まないです。

■ネタを思いつくのはいつですか?
仕事をしている時です。

■オンで会ってみたいのは?
機会があれば皆様に会いたいですね。

■回してきたあの人のサイト/作品
これは拾いものですので、スルーします。

■次に回す10人
咲城さん
妖さん
紫月さん
雷さん
流星さん
まぐろさん
1023さん

スルー可能です。
2008_08
07
(Thu)23:33

雨と体調不良にはご用心

Category: 日記
二日間パソコンを打てませんでした。

一日目(月曜日)→雷雨の影響で電車止まり、何時間も待たされる。
二日目(昨日)→宴会があり、体調不良を押してお酒を飲み二日酔いに……
前者よりも後者の方がタチ悪いです。帰るときが辛かったです。
体調が悪い時は、お酒は飲まない方がいいですね。

「巡り会う二つの黒」の14話のネタが段々と浮かんできました。
今回はスピカじゃなくてハンス視点にしたいな~と思っています。

明日から北京オリンピックです。
日本選手には頑張ってもらいたいですね。
2008_08
07
(Thu)22:58

小説バトン

Category: バトン
紫月さんからバトンを頂きました。
有難うございます。


『小説バトン』

*rule
 小説を書いてる皆様へ。
 これから出すお題に合った内容で短文を作って下さい。
 創作・版権どちらでも構いません(一人称変えてもいいです)


*1 さよならまで
「あばよ、オレの故郷」
汽車に揺られてアディスは、窓の外を眺めた。
彼が過ごしてきた村が段々と遠ざかっていった。
兄の言葉に傷つき、家を飛び出してきたのである。
荷物を鞄に詰め込み、家族に手紙を残して。
 アディスは小さな胸に、不安と希望が入り交ざる。
一人旅に出るのは生まれて初めてだ。何が起こるのか分からない。
後悔するかもしれない、時には家に戻りたいとさえ思うかもしれない。
アディスは首を強く振り、帰りたい衝動を振り払った。 
「絶対に戻らない、強くなるその日まで」
アディスは真剣な顔で言った。
家には居場所などない、そう自分に言い聞かせて。

*2 僕が愛して君が憎んだ。僕は君が××だった……××していたい んだ……
ごめんなさい、意味が分からないのでスルーします。

*3 きっと、また、この掌に
 刑務所から出所し、スピカは住んでいた家に戻ってきた。
 荷物を取りに来たのだ。
 部屋は静まり返り、スピカ以外の誰もいない。
サヤが育てていた花は枯れ、クローゼットとテーブルには埃が溜まっている。
スピカが長い時間、刑務所にいたことが伺える。 
 二時間かけてスピカは生活に必要な荷物を鞄に詰め込んだ。中にはサヤから貰った宝物も入っている。
「……サヤ、聞いて」
 スピカは誰もいない部屋で亡き友達の名を呼ぶ。
「わたしはこの家には永久に戻らない、家にある家具は全部処分されるわ……ごめんね
 ケイトのことは心配しないで、里親に引き取られたから」 
 スピカは言った。
 サヤが可愛がっていた猫・ケイトはスピカの願いにより里親に引き取られたのである。
 スピカは右手を宙に伸ばす。
 「あなたのことは決して忘れない、きっとまたこの掌に剣を握るわ
  二度とあなたのような死者を出さないためにも」
 スピカは決意を胸に、力強く語る。 
 身を裂くような悲しい思いを、誰にもさせたくない。
 そのためにも、再び戦いの世界に舞い戻ろうと決意した。
  
*4 気付くと
 スピカは額に手を当て、溜息をついた。
 鍋の中には、黒い物体が焦げ臭い放っている。 
 「あっちゃあ……また失敗しちゃったな」
スピカは料理が下手なため、失敗することが多い。
最初は上手くいってはいるが、気付くと失敗しているのだ。
「勿体無いけど捨てよう」
 スピカはゴミ箱の中に黒い物体を捨てた。 

*5 辛くない。辛くないけど今は泣かせて
「終わったね……学園祭」
「そうね、でも楽しかったわ、三年間の中でも一番だったよ」 
 二人の少女は座って燃える炎を眺めていた。
 数日間の学園祭は成功させたい一心で頑張ってきた。その甲斐もあり大成功の内に終了したのである。
 学園祭が上手くいった証は、輝いているクラスメイト達の顔に現れている。
「もう……終わりなんだね」 
 少女は両目から涙を零した。明日からは受験戦争に再び入る。
 学園祭に関わることができるのも今年で最後。
 準備して、練習して、時には嫌になることがあったけれど、終わった今では全てが走馬灯のように蘇る。
 思い返すと、部屋で閉じこもって勉強しているよりも楽しかった。
 教科書に書いてあることを暗記するよりも、一緒のグループで歌の練習をする方がずっと充実していた。
 もうすぐ終わろうとしている。濃かった日々が。
 「私……忘れない……今日のことを」
 頬を伝って涙は地面に落ちた。 
 辛くないけど、今は泣かせて欲しかった。幸せな時間をかみ締めるために。

*6 二番目
*7 勿忘草の花言葉(私を忘れないで)
*8 君がいない世界
*9 偽りの接吻
*10 終わった後のもどかしさ
*11 ありがとうございました。このバトンを小説またはSSを書いてる方に回して下さい。
もって行きたい方はどうぞ持っていってください

消化していないのは後々やります。

2008_08
04
(Mon)21:18

雨は突然やってくる

Category: ぽえむ
雨は降る
時には激しく
時には優しく

止んだ後
涼しい風が、そっと吹く。

人にも、大地にも。
2008_08
03
(Sun)23:24

暑い夏にも思い出がある

Category: 日記
久々にお題を更新しました。
この話は、昔書いていた小説のプチリメイクみたいなものです。
リン君は随分長い間付き合っている少年です。

暑くてだるくてたまりません。
食欲も沸かない状況です(それでも食べました)

明日からも出勤だと思うと憂鬱です。

学校では夏休みで羨ましいですね。
私が学生の頃は、プールに行ったり家族と旅行に行ったり割りと楽しかったです。
今でも思い出深いのが、RPGツクールでFFの二次創作RPGを作ったことですね。
……このシナリオは思い返せば、今の創作にも生きています。

皆様も夏休みを楽しんでください。