2015_12
28
(Mon)08:30

ちょっと遅めのクリスマス

Category: 小話
『プレゼント遅くなってマジでごめん!
お前が好きなブランドの時計にしといた』
そう手紙に書かれていた。
手紙と同封されていたのは前から欲しかった時計だった。

直接渡せばいいのに、と思われるが
彼は遠い場所にいる上に、仕事も中々休めない。
仕事の忙しさがあってプレゼントのことも忘れていたのだろう。
なので郵便で少し遅めのクリスマスプレゼントが来た。
クリスマスは二十五日だが、プレゼントが届いたのは二十六日だからだ。
これも仕方がない。

時計を手首に巻き、彼に返事の手紙を書いた。

『プレゼント有り難う、気に入ったよ
来年は早めにお願いね』


返信
honey*caramelさん>
今の時期はイルミネーションは綺麗だと思います。

sado joさん>
奥様のことお気の毒です。
天国でサンタのお手伝いをしているのだと思います。

俊樹さん>
お体大丈夫ですか?
良い年越しになることを願います。

みさきあんなさん>
満月のクリスマス素敵だと思いました。

まるまりもさん>
独りのイルミネーションというのも味があると思います。

野津征亨さん>
今年もお世話になりました
来年も宜しくお願いします

kanmoさん>
一人酒はしませんでしたが、イルミネーションは見られました。

×丸さん>
特別な夜には何かしたくなるのが人間なんだと思います。

ぺるしゃさん>
自分も寒いのは苦手です。
春が早く来て欲しいですね

拍手を下さった方
有り難うございます。とても嬉しいです